脇脱毛

脇脱毛
脇の下がツルツルして綺麗な女性はそれだけで清潔感があります。
脇下が見られる機会はふと瞬間に意外とあります。
その時に黒々した脇は女性としての魅力を下げてしまいます。
せっかくなら脇下は綺麗な方がいいでしょう。
しかし、脱毛するにしても逆効果にならないように知っておきたい事もあります。

脇脱毛する際の肌の刺激は注意

自分で脇の脱毛処理をする時には、毛抜きを使ったり剃刀を使うのはやめておきましょう。
肌に傷がつきやすくて脱毛するのが難しくなります。
また、サロンに通う予定の人はサロンにより2mmから3mmぐらいは伸ばしておいてほしい、という方針の所もあります。
ですから、施術の前で剃刀などで剃ってしまっては困る事になります。
また、脇の脱毛を思いつくのは特に夏に入ってからという人が多いのですが、夏真っ盛りに脱毛する時には、制汗剤はあまり使用しない方がいいでしょう。
脱毛前に利用してしまうと、デオトラント成分が毛穴に入る事により、脱毛の効果が弱くなるからです。

生理中や生理前後の脇脱毛はなるべく控えよう

また自己処理の時でも脱毛サロンで施術を受ける時でも、生理中や生理前後の間などの体調が良くない時には、脱毛は控えておくべきです。
肌へのダメージが大きくなる時期ですから、脱毛は控えましょう。
また、脱毛する数日前などに予防接種を受ける事を控えるように指示してくるサロンもあります。
予防接種に関しては各サロンに問い合わせてみましょう。
脇脱毛は女性に人気の脱毛箇所ですが、ただ単に剃ったり、抜いたりすればいいわけではないので、注意点はしっかりと頭に入れておきましょう。

新宿のおすすめ人気脱毛サロンランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*