ワキガがキツくなる原因とクリニックやサロンでの脱毛によるワキガの改善について

脱毛でワキガを改善

ワキガが気になる女性
ワキガは、脇の毛根に雑菌が多く繁殖するほどキツくなり、汗をかきやすい人ほどワキガがキツくなります。

そのため、多汗症の人が初めてクリニックやサロンで脱毛してもらうと、脱毛によって一般汗腺となるエクリン腺の発汗刺激により汗をかく量が増えます。

一時的な症状なので、日が経つにつれて自然と改善されますが、発汗刺激によって汗をかく量が増えたので、精神的に不安を持つ人もいます。

その影響により、精神性発汗になるリスクが存在します。

また、精神性発汗の主な原因として、クリニックやサロンでの脱毛により汗がたくさん出るようになったという気持ちが原因となります。

けれども、クリニックやサロンでの脱毛は、レーザーや光を肌に照射して脱毛を行う形となります。

なので、レーザーや光が肌に照射することで体が発熱し、施術後は一時的に発汗作用が高まることになります。

精神性発汗を防ぎつつ脱毛でワキガを改善

クリニックやサロンで脱毛した後に肌を保湿することは、肌のトラブルを防ぐだけでなくワキガを改善することにも繋がります。

なぜなら、肌を保湿することで乾燥状態を改善することで、発汗作用を抑えるからです。

そのため、多汗症の人が施設での脱毛で汗を多く掻くようになっても、肌を保湿することで精神的に落ち着かせることが可能となります。

つまり、施術後の肌の保湿により精神的な不安を和らげるので、精神性発汗を防ぎつつワキガを改善できます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*