カミソリでが厚くなるので埋没毛が生じる

埋没毛について

埋没毛
埋没毛になってしまう原因の1つは、皮膚の厚みに関する変化です。やや厚くなってしまった時などは、どうしても体毛が埋没しやすくなる傾向があります。

そもそも体毛は、皮膚の隙間から顔を出す事になるのです。しかし問題なく顔を出せるか否かも、皮膚の厚みに左右される傾向はあります。皮膚があまりにも分厚いと、体毛も顔を出しづらくなってしまうのです。

ところで皮膚の厚みは、普段の処理方法に左右される傾向があります。特にカミソリなどで処理を行っている方々は、要注意です。

毎日のようにカミソリで処理していますと、皮膚もその刺激に耐える為に、厚みを増す事になります。その結果、皮膚がやや分厚くなってしまう訳です。

カミソリは控えるべき

もともと人間の体には、防衛本能があります。体周辺には様々な脅威が存在するので、それを何とか防ぐ為に、あらゆる手段で自分の体を守ろうとするのです。

そして皮膚の厚みも、その1つです。時には、体に何かが衝突する事もあるでしょう。それを守ろうとする性質があるので、皮膚が分厚くなる訳です。上記のカミソリによる処理も、その1つという事になります。

言うまでもなく、それは埋没毛を生み出してしまう原因になります。皮膚が厚くなってしまえば、体毛は顔を出しづらくなるでしょう。ですから埋没毛になりたくない時には、カミソリは控える必要があります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*