ホルモンバランスが落ち着くまでの産後のムダ毛処理について

産後の女性の特徴

産後の女性
産後は、妊娠中のホルモンバランスの変化によりムダ毛が生えやすくなります。

なぜなら、妊娠中は女性ホルモンが胎児の体に行き渡るので、女性の体で女性ホルモンの割合が少なくなり、男性ホルモンの割合が多くなるからです。

男性ホルモンの割合が多くなると、妊娠する前より体毛が濃くなるので、濃いムダ毛が生えやすくなります。

よって、産後のムダ毛処理は濃いムダ毛を処理するために時間を割く必要があります。

けれども、産後はホルモンバランスの変化の影響により肌が敏感になるので、自己処理だと肌を傷つけやすくなります。

そして、脱毛施設に通って脱毛を受けても、ホルモンバランスの変化により毛根細胞が機能していないので脱毛効果を得にくいです。

なぜなら、光脱毛やレーザー脱毛は光やレーザーを肌に照射し、メラニンに反応した部分の毛根を死滅する仕組みだからです。

産後のムダ毛処理

産後のムダ毛処理はホルモンバランスが落ち着くまでは、電動シェーバーによる自己処理が1番安全で確実な方法となります。

また、電動シェーバーは毛抜きと違って毛を抜くことで肌を傷つけることがないので、肌のトラブルを招きにくいです。

その上、電動シェーバーなら肌が敏感な状態でも脱毛施設での脱毛と違って、ムダ毛を処理することが可能となります。

とはいえ、電動シェーバーでは毛根を死滅できないのでムダ毛が生えなくなる状態を作ることができません。

それでも、産後においてホルモンバランスが落ち着くまでは、電動シェーバーによるムダ毛処理が肌に安全となる処理方法となります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*