自分1人では決定できないと言って断る

勧誘を上手く断る方法

勧誘を断る女性
脱毛サロンからの勧誘を断りたい時には、いくつかのコツはあります。決裁権などは、意外と軽視できないポイントなのです。

例えばある脱毛サロンから、契約を迫られたとします。しかしそのお店は何かが違うので、お断りしたい事もあるでしょう。そこで強引な勧誘をされてしまいますと、大変困ります。

そういう時には、ご主人などを引き合いに出してみるのも有効なのです。例えば、自分1人では決定できないというフレーズを使ってみると良いでしょう。自分だけで決めるのは困難なので、あくまでも主人と話し合いが必要と言ってみるのです。

1人で決めるのが難しいなら、さすがに脱毛サロンとしても強く押すことはできません。
実際、本当にご主人に相談が必要な事もあるからです。

何もご主人だけではありません。親の許可が必要であると、話してみるのも良いでしょう。

建前を使う勇気を持つ

ちなみに「自分1人では決定できない」というのは、あくまでも建前です。まずはサロンから退室する必要があるので、上記のご主人のようなフレーズを使ってみると、基本的にはお店から出れるようになります。

その後で、しつこいサロンなら電話してくる事も一応あります。その時はすぐに断って、電話を切っても良いでしょう。

ですからサロンの勧誘を上手く断りたい時には、決定権について話してみるのが有効です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*