サロンでの脱毛方法

ニードル脱毛について

ニードル脱毛について
ニードル脱毛の特徴は、一本一本処理を行うこと、激しい痛みを伴うこと、処理に時間がかかることなどがあげられます。
15年ほど前まではかなり一般的でした。
脱毛といえばニードル脱毛しかなかったのです。

ニードル脱毛の仕組み

ニードル脱毛は毛穴に針を差し込んで電気を流し、毛根を腐食させる脱毛方法です。
ニードル脱毛は脱毛を受けるとき、毛を少し生やした状態で行います。
これは毛の生えている状態が見えないとターゲットが定まらず、針を刺すことができないからです。
このため夏の時期に施術を受ける場合、毛を伸ばさなければいけないため、少し抵抗があるかもしれません。

ニードル脱毛はメリットなし!?

メリットはほとんどなく、フラッシュやレーザー脱毛で光を当てることができない部位の脱毛はニードル脱毛が有効かと思われます。
(バストトップ周辺や、色素沈着している部分、ほくろから生えている毛など)
デメリットとしては、施術に時間がかかること。
一本一本に対し電気を流していくため、毛の量が多ければそれだけ時間もかかります。
また毛穴に針をさすため、激しい痛みを伴います。
肌が炎症を起こす、赤みがなかなかひかないなどのトラブルも多いのが現状です。
料金は時間単位の設定であるため、施術時間や毛の量に応じて金額が左右されます。
毛の量が多い人は多く金額を払わなくてはなりません。
またこれらはエステティシャンの技量によるところも大きく、最初の契約で設定した金額以外に追加でお金を支払うということもあります。

新宿のおすすめ人気脱毛サロンランキングTOPへ

光脱毛について

光脱毛について
ニードルなどは電流の流れる針を毛穴に刺して毛根にダメージを与えていますが、光脱毛は電流ではなく、脱毛器のヘッドから出る強い光で毛穴の奥の毛を作る工場と言われる毛乳頭にダメージを与えるものです。
減毛が期待できるものです。

続きを読む

レーザー脱毛について

レーザー脱毛について
レーザー脱毛は単一の短い波長のレーザーを無駄毛の処理をしたい箇所に照射し、毛の毛根細胞を毛の再生ができないほどのダメージを与えるという、医療用のレーザーを使用した脱毛法です。
一般的には施術前に麻酔クリームを塗って痛みを軽減していますが、光の出力が高いため人によっては施術時にかなりの痛みを感じることがあります。
施術は基本的に患者の毛周期に合わせたペースで行われ、平均5〜6回程度の照射を受ければ、ほとんど自己処理しなくても良いくらいの脱毛効果を得られます。

続きを読む