脱毛コラム

自分1人では決定できないと言って断る

勧誘を上手く断る方法

勧誘を断る女性
脱毛サロンからの勧誘を断りたい時には、いくつかのコツはあります。決裁権などは、意外と軽視できないポイントなのです。

例えばある脱毛サロンから、契約を迫られたとします。しかしそのお店は何かが違うので、お断りしたい事もあるでしょう。そこで強引な勧誘をされてしまいますと、大変困ります。

そういう時には、ご主人などを引き合いに出してみるのも有効なのです。例えば、自分1人では決定できないというフレーズを使ってみると良いでしょう。自分だけで決めるのは困難なので、あくまでも主人と話し合いが必要と言ってみるのです。

1人で決めるのが難しいなら、さすがに脱毛サロンとしても強く押すことはできません。
実際、本当にご主人に相談が必要な事もあるからです。

何もご主人だけではありません。親の許可が必要であると、話してみるのも良いでしょう。

建前を使う勇気を持つ

ちなみに「自分1人では決定できない」というのは、あくまでも建前です。まずはサロンから退室する必要があるので、上記のご主人のようなフレーズを使ってみると、基本的にはお店から出れるようになります。

その後で、しつこいサロンなら電話してくる事も一応あります。その時はすぐに断って、電話を切っても良いでしょう。

ですからサロンの勧誘を上手く断りたい時には、決定権について話してみるのが有効です。

ホルモンバランスが落ち着くまでの産後のムダ毛処理について

産後の女性の特徴

産後の女性
産後は、妊娠中のホルモンバランスの変化によりムダ毛が生えやすくなります。

なぜなら、妊娠中は女性ホルモンが胎児の体に行き渡るので、女性の体で女性ホルモンの割合が少なくなり、男性ホルモンの割合が多くなるからです。

男性ホルモンの割合が多くなると、妊娠する前より体毛が濃くなるので、濃いムダ毛が生えやすくなります。

よって、産後のムダ毛処理は濃いムダ毛を処理するために時間を割く必要があります。

けれども、産後はホルモンバランスの変化の影響により肌が敏感になるので、自己処理だと肌を傷つけやすくなります。

そして、脱毛施設に通って脱毛を受けても、ホルモンバランスの変化により毛根細胞が機能していないので脱毛効果を得にくいです。

なぜなら、光脱毛やレーザー脱毛は光やレーザーを肌に照射し、メラニンに反応した部分の毛根を死滅する仕組みだからです。

産後のムダ毛処理

産後のムダ毛処理はホルモンバランスが落ち着くまでは、電動シェーバーによる自己処理が1番安全で確実な方法となります。

また、電動シェーバーは毛抜きと違って毛を抜くことで肌を傷つけることがないので、肌のトラブルを招きにくいです。

その上、電動シェーバーなら肌が敏感な状態でも脱毛施設での脱毛と違って、ムダ毛を処理することが可能となります。

とはいえ、電動シェーバーでは毛根を死滅できないのでムダ毛が生えなくなる状態を作ることができません。

それでも、産後においてホルモンバランスが落ち着くまでは、電動シェーバーによるムダ毛処理が肌に安全となる処理方法となります。

カミソリでが厚くなるので埋没毛が生じる

埋没毛について

埋没毛
埋没毛になってしまう原因の1つは、皮膚の厚みに関する変化です。やや厚くなってしまった時などは、どうしても体毛が埋没しやすくなる傾向があります。

そもそも体毛は、皮膚の隙間から顔を出す事になるのです。しかし問題なく顔を出せるか否かも、皮膚の厚みに左右される傾向はあります。皮膚があまりにも分厚いと、体毛も顔を出しづらくなってしまうのです。

ところで皮膚の厚みは、普段の処理方法に左右される傾向があります。特にカミソリなどで処理を行っている方々は、要注意です。

毎日のようにカミソリで処理していますと、皮膚もその刺激に耐える為に、厚みを増す事になります。その結果、皮膚がやや分厚くなってしまう訳です。

カミソリは控えるべき

もともと人間の体には、防衛本能があります。体周辺には様々な脅威が存在するので、それを何とか防ぐ為に、あらゆる手段で自分の体を守ろうとするのです。

そして皮膚の厚みも、その1つです。時には、体に何かが衝突する事もあるでしょう。それを守ろうとする性質があるので、皮膚が分厚くなる訳です。上記のカミソリによる処理も、その1つという事になります。

言うまでもなく、それは埋没毛を生み出してしまう原因になります。皮膚が厚くなってしまえば、体毛は顔を出しづらくなるでしょう。ですから埋没毛になりたくない時には、カミソリは控える必要があります。

ワキガがキツくなる原因とクリニックやサロンでの脱毛によるワキガの改善について

脱毛でワキガを改善

ワキガが気になる女性
ワキガは、脇の毛根に雑菌が多く繁殖するほどキツくなり、汗をかきやすい人ほどワキガがキツくなります。

そのため、多汗症の人が初めてクリニックやサロンで脱毛してもらうと、脱毛によって一般汗腺となるエクリン腺の発汗刺激により汗をかく量が増えます。

一時的な症状なので、日が経つにつれて自然と改善されますが、発汗刺激によって汗をかく量が増えたので、精神的に不安を持つ人もいます。

その影響により、精神性発汗になるリスクが存在します。

また、精神性発汗の主な原因として、クリニックやサロンでの脱毛により汗がたくさん出るようになったという気持ちが原因となります。

けれども、クリニックやサロンでの脱毛は、レーザーや光を肌に照射して脱毛を行う形となります。

なので、レーザーや光が肌に照射することで体が発熱し、施術後は一時的に発汗作用が高まることになります。

精神性発汗を防ぎつつ脱毛でワキガを改善

クリニックやサロンで脱毛した後に肌を保湿することは、肌のトラブルを防ぐだけでなくワキガを改善することにも繋がります。

なぜなら、肌を保湿することで乾燥状態を改善することで、発汗作用を抑えるからです。

そのため、多汗症の人が施設での脱毛で汗を多く掻くようになっても、肌を保湿することで精神的に落ち着かせることが可能となります。

つまり、施術後の肌の保湿により精神的な不安を和らげるので、精神性発汗を防ぎつつワキガを改善できます。

デリケートゾーンの脱毛メリット

アンダーヘアの脱毛方法について

アンダーヘアの脱毛
今、3人に1人はアンダーヘアの脱毛を行っていると言われています。

脱毛サロンでもワキの次に人気の脱毛部位のようです。

デリケートゾーンの脱毛ををVIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)と呼びます。1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

VIO脱毛はデリケート部分のVライン、陰部付近のIライン、Oラインと肛門周りの体の部位を指しています。
あまり人には聞きにくい、そんなVIO脱毛(ハイジニーナ脱毛) のメリットについてまとめてみました。

アンダーヘア脱毛のメリット

まず、1番のメリットは清潔に保つことができます。

女性は毎月の生理、おりものが出たりと中々デリケートゾーンを清潔に保つことが難しいです。

VIO脱毛を行うことで、生理時、おりもののムレ、被れ、雑菌の繁殖を防ぐことができるのです。

そして、おしゃれを楽しむことができます。

かわいい下着だけどムダ毛がはみ出してしまうのではないか、水着を着ているときにデリケート部分が気になる、なんて経験ある方も多いと思います。VIO脱毛をすれば、おしゃれを存分に楽しむことと同時にデリケートゾーンの毛の自己処理から解放されるのです。

全部綺麗にムダ毛を無くす無毛にする人は少ないです。

綺麗に範囲を小さく脱毛をしたり、整えることで快適な生活をすることができる、それがVIO脱毛です。